資産を増やして老後の生活を安泰にしよう

一括借上げとは

一括借り上げのメリットデメリットを知ろう

一括借り上げと言うと、雑誌やテレビのコマーシャル、新聞の一面などで見かけることがあります。この一括借り上げとは、新築マンションを購入するときに、その家賃を一括借り上げ契約を結んでいる不動産会社が保証してくれるというものです。マンションのオーナーの不動産の部屋を全部借りることで、クリスのリスクを減らせるというメリットがあります。また、会社によっては飼い主がマンションを退去する場合、その原状回復も行ってくれるというサービスがあるなど、オーナーにとっては嬉しい情報と感じる人も多いでしょう。他にも、マンションの管理などを不動産会社が行ってくれるというメリットもあるため、オーナーとしては飛びつきたくなる制度でもあります。しかしながら一括借り上げには当然デメリットもあります。

家賃保証は金額を保証してくれない。

例えば、30年一括借り上げのデメリットとしては、その不動産会社は30年間ずっと同じ額を保証してくれるわけではないと言う点です。マンションも新築当時は価値がありますが、年数が経つにつれその価値も徐々に減少していきます。それに合わせて、一括借り上げでは、およそ2年おきに家賃の改定があります。この改定で家賃が高くなる事はまず考えられず、マンションの価値が落ちていることに比例して、保証する家賃も減少していきます。また一括借り上げ契約は、一方的に解除されることもあります。それ以外でも、一括借り上げの不動産会社が倒産してしまった場合にはやむを得ず自分で管理をしなければならないのです。そのようなデメリットも頭に入れておくべきでしょう。